コロナ後遺症外来

1.5ヶ月ぶりの後遺症外来

今服用している薬は下記です。Dr.kの久々の後遺症外来。「倦怠感がずっと10のうち6~7くらいだったのが、3くらいの時が出てきました。」と伝えた。ただYOGAをやって、そのあとだるさが少しぶり返した事も付け加えた。2〜3日後にだるさが来るんだよね?と言われてそうだと答えると、背中の首下あたりを揉み解すと良いので、ストレッチポール(長い方がいい)を使い、肩甲骨を回したり首後ろ下あたりをもみほぐしたらいいですよとの事。(乗った状態で)。肩甲骨を動かすように腕を回すと良いとのこと。早速アマゾンプライムデーも重なりポチ!1日悩んだ。調べたら意外とストレッチポールの素材や硬さ、色々あるではないか。悩んだ末、東急スポーツアシスが出している初心者モデルを購入!(現時点ではまだ届いてないです)自分でも笑うレベルで悩んだ。家に置く物は、色などもずっと使うものなのでなかなかいつも決められない〜。しかし食べ物を選ぶ時はものすごいスピードで判断します。バイヤーですかくらいの勢いで。(笑

今現在の薬
●ビソプロロール(夜食後1回)
●セルトラリン(寝る前半錠)
●リーゼ(寝る前一錠)
ーー頓服
・六君子湯
・ランソプラゾール
--漢方内科処方
・補中益気湯(クラシエ)
・大防風湯(ツムラ)

飲んでいるサプリメント
・ビタミンB群(DHC)
・亜鉛(アサヒ)
・ビタミンC(アスコルビン酸)水に溶かして
・ココナッツオイル
・コラーゲン(マリンコラーゲンペプチド)
・たまにプロテイン
・たまにBCAA
・たまにマルチミネラル(ネイチャーメイド)
・たまにビタミンD(ネイチャーメイド)

 【今回追加】インテバンクリーム。(ポール後に腫れたら)

まず初めに言っておきたいのは、倦怠感組などコロナ後遺症は安易に動くと悪化する人が多い事を必ず頭に入れておいて欲しいと思っている。今回主治医の見立ては徐々に負荷をかけながら、一時悪くなるけどそれを乗り越えてよくなっていくというもの。とはいえ一気にクラッシュしてはまずい。そこは本当に自分で管理していくしかないと思う。そこがコロナ後遺症の難しいところだな〜と思う。絶対に動いてはいけない感覚の人もいるだろうし、ある程度動ける人もいるだろうし、本当に自分の体の声を聞くしかないと感じる。でも今回、医師のストレッチポールはYOGAほど体に負担はかからないし簡単に寝ながらもみ解せるし、お〜先生〜ナイスアイディア〜!と思った。やはり通院していると意外なアドバイスとかもらえたりするから嬉しいなと感じる事も多い。「治療できるんだ!」という感覚はコロナ後遺症患者にはとても希望に感じる事だと思う。

そしてDr.kは意外と若い。もしかしたら年下かもしれないと最近思う。そして声がでかい。やはりラグビー部に所属しているのだろうか(勝手なイメージ)。聞かれた事について患者を小馬鹿にしたりせず、わかりやすく話してくださる先生である。ただ先生・・私のこと軽症とおもってる?と思う箇所があるけど、総合診療科は重い患者さんもたくさん観ているだろうから、そこはある程度仕方ないのかなあと感じている。とはいえ、うちの近所の恐ろしいヤブハザードマップに比べたらもう雲泥の差である事は間違いない。毎回言うけど本当にみんな、病院は選ぼう。やる気のない、診る気もない、勉強する気もないの三重苦の医師にかかっても、本当に時間の無駄であるとコロナで本当に勉強になった。一番ひどい時期に近所内科で後遺症が苦しいと伝えた時、検査は一切せず葛根湯とPL(総合風邪薬)を出された時、終わった・・と私は全身で感じた。お大事に〜・・・・は〜い・・じゃないわあ!!!と思った。何はともあれストレッチポールが数日で届く。無理のない範囲で肩周りを揉み解していきたい。頑張るぞ!倦怠感よ、去れ〜!みんな〜頑張ろう〜負けるな〜でも頑張り過ぎるな〜だよ!!!


漫画はこちらから 

The following two tabs change content below.
シンガーソングライター&クリエイター。 現在コロナ後遺症闘病中。大の猫好き。 風水&タロットセラピストでもあり YOGAやアロマを日々取り入れた生活をしている。 ■総合癒しサイト【リノリラックス】を運営 http://linorelax-healingsalon.com ■【hanahana music】 http://hanahana-music.com